日本地図

四国遍路をするのなら|心を清める時間も大切

老若男女問わず旅できます

女性

色々な目的で旅をします

四国八十八か所巡り、お遍路の旅が人気です。お遍路は非常に長い歴史があり、約1,200年前から始まったとされています。長い時間を経ることで独自の文化や風習が生まれました。お遍路というと定年退職した年配者が行くイメージがありますが、最近は若い人の巡礼者もいるようです。若い人がお遍路に行く様子は、テレビでも取り上げられたことがあり注目されています。更に外国人の巡礼者もいるといわれています。国籍や性別、老若男女を問わず人気となっているお遍路の旅。そこには様々な魅力があるようです。かつてのお遍路といえば修業目的の厳しい旅でしたが、今では色々な目的で旅をする人が増えています。もちろん信仰のために巡る人も少なくないですが、自分探しや健康祈願のために巡礼する人がいます。中にはこれからの生き方を考えたり、癒しを求めたりする人が増えていて、若い人の多くはこのような目的で巡礼する傾向です。そしてお遍路では人の温かさを感じることができると評判です。四国ではお遍路文化が根付いています。地元の人達は巡礼者を見かけると挨拶をしたり、お接待をしたりしてくれることが多いです。お接待とは巡礼者に食べ物や飲み物を無料で提供してくれる行為のことを指します。そしてそれは大人だけではなく、子供たちにも同様であり、小学生がお遍路さんを見かけると挨拶を交わしてくれます。もちろんお遍路さんの格好をしていないと、このようなもてなしを受けることはありませんが、何気ないやり取りに心を打たれる人が多いのです。